シリコンバレーにお引越し

全てを捨てて、40歳目前に移住を決心した人のムコウミズな人生のブログ。フィアンセビザで入国完了!

【USA】銀行口座を開設しておこずかいをもらおう! 

たまには、有益になるかもしれない情報について書いてみます。

渡米してから一人前の大人として生活するためには

  • 銀行口座開設
  • クレジットカード取得
  • 州発行の運転免許証(ID)
  • ソーシャルセキュリティー番号(SSN)取得

などなど、重要タスクがてんこもり。

今日は 銀行の口座開設前の銀行選定についてです。

※拙者は過去約7年の在米経験があります。初めての渡米や州が異なる方には参考にならないかもです。あしからず。

まずはフィアンセに相談

その昔

に口座を所有していた経験がありましたが、今後は彼とJoint Accountを作ったりする必要もあるため、まずは彼に相談しました。

私「Union Bank だったら渡米前に口座開設できるけど、どうかな?」

在米者には有名な ↓ こちら

www.bk.mufg.jp

 彼「前もって開設する必要ある?別にアメリカ来てからでもいいんじゃない?口座はどこでもいいと思うけど、口座開設するとお金くれるプロモーションやっているところ多いからそれを狙ったら?」

なんと!ティッシュペーパーや洗剤ではなく、キャッシュをくれるなんて。

f:id:zippyk:20181229093801p:plain

いろんな銀行が常にプロモーションやってる! 

最新の情報をまとめてくれているサイトを発見。

www.nerdwallet.com

※12月時点での情報なので、1月1日から変わっている可能性大。各銀行に要問合せです。

100ドル~750ドルももらえてしまう銀行もあるじゃないですか!

高額(300ドル以上)もらえるアカウントについては、最低残高の制限があるので懐事情と相談して決めましょう。

750ドルのボーナスをくれる HSBC は Deposit at least $100,000

うーん、魅力的ですがかなりハードル高い。

結局私は

  • 利便性(ATMと支店の数と場所)
  • ボーナス400ドル!
  • 日本のメイン口座は旧Citibank(現プレスティア)

を加味して Citibank にしました。

先日の土曜日、フィアンセと一緒に最寄のCitibankに口座開設に出向きました。

「K1 Visaでは口座を開設できないよ!」

とのたまう無知な窓口担当がわらわらしているといううわさを聞き及んでいたので、心して臨みました。

続きはまた次回!