シリコンバレーにお引越し

全てを捨てて、40歳目前に移住を決心した人のムコウミズな人生のブログ。フィアンセビザで入国完了!

【フィアンセビザ】米国入国!

もしかしたらこれが「フィアンセビザ」最後の投稿?

やっと終わった!

さくっと入国

ホノルル国際空港にて米国入国しました。

目的地はSan Joseですが、激安片道航空券のため5時間待って国内線に乗り換えます。

昨今、日本も含め入国審査の電自動化が進んでいるようです。

ホノルル国際空港もしかり。

私は一回ぽっきりの入国制限付きフィアンセビザを持っているので

「K1Visaもってます。どこの列に並べばいいですか?」と聞きました。

「奥の3番!」

と言われしばし待つ。

私の番が来ました。入国審査官、若い白人のお兄さんです。

「Oh、K1 Visaやったことないんだよね・・・」

(どこかで聞いたことがある話だ)

「エミリー K1 Visaのやり方、Step by step 教えてもらえる?」

と隣のブースのお姉さんを呼びます。

二人の会話をじっくり聞いている私。

「まず、K1はねTechnically非移民ビザで・・・」

にとレクチャーが始まりました。

あの Do NOT Open パケットをびりびりと開封して出てきた私の書類をぺらぺらしながら、チェックするポイントを説明。

「K1Visaは、過去2年間実際二人が会っていることを証明するために、こういう書類や写真やメールを添付してね・・・」

モニターに入力する情報も全て手取り足取り教えていきます。

そして、パスポートを見ながら

「ここにスタンプ押して、シングルエントリーのVisaだからOneに〇を付けて・・・」

まだまだ続きました。

お兄さんのOJTのためかなり時間がかかりましたが、特に困るような質問もなく終了。

【聞かれたこと】

  • 米国での住所
  • 子供は連れてきていないか
  • 初めてフィアンセと出会ったのはいつ?

最後、エミリーさんに

「90日以内に結婚してAOSの申請をしてね。Visaに記載があるSさんと結婚すること。違う人と結婚したかったらもう一度Visa取りなおしだからね。気を付けて!」

と言われました。

フィアンセに報告

無事入国したことを電話で連絡しました。

しばらくおしゃべりしたのち

「あ、今オフィスだよね?」

「まだ、大丈夫だよ~」

一番気になるのは トイレ問題

何事も遅いフィアンセのことなので

「まだ手配していない」

という答えを予想していました。

しかし、期待を裏切ってくれました!

「オーダーしたよ。明日の昼間にトイレが届くから受け取ってね。検品してから水道業者さんに設置予約の連絡することになっているから!」

驚き、感動そして感謝

f:id:zippyk:20181130153729j:plain

ハワイはいいところ~

f:id:zippyk:20181220081052j:plain

 

ちょうど一年前に兄の結婚式で訪れたオアフ島

その一年後に自分が結婚のために同じ場所にいるとは思いもよりませんでした。

ハワイアン航空。機内のBGMはもちろんハワイアンミュージック。

到着したら「天国へようこそ」とアナウンスが・・・

気温は21度。とても心地よい。天国で老後を過ごせたらサイコーだぜ!と今から勝手な妄想をしております。

9月末に別送した荷物のその後

遅い船便とはいえ、発送から二か月過ぎたころから荷物の行方が心配になりました。

最悪なのが、フィアンセが日本やハワイに滞在している不在時に玄関前にどーんと配達されてしまうこと。

ホリデーギフトシーズン真っ只中。ネットショッピングが増加するとともに玄関前に配達される箱の窃盗が頻発するアメリカ。

玄関に置き配された宅配物を盗む輩を

ポーチ・パイレーツ
(Porch Pirates:ポーチとは玄関の意味で『玄関盗賊』)

と呼ぶらしい。

この玄関盗賊さんたちは箱の中身を確認することなく、なんでも持っていっていくらしいです。超慎重なフィアンセはデリバリーの日時が不明な日本からの船便を大変ストレスかつプレッシャーに感じているようでした。

先週、やっと到着しました。所要2.5か月。

f:id:zippyk:20181220082307j:plain

少し箱にダメージがありますが、開封された様子もなく問題なさそうです。

f:id:zippyk:20181220082230j:plain

配達当日、フィアンセの携帯電話に配達ドライバーさんから留守電があったそうです。それを聞いたフィアンセは会社から車をぶっ飛ばして家に戻り箱を回収したとのこと。おかげで海賊の餌食にならなくて済みました。

実は、今日の出発直前にSAL便で発送したものがあります。近所の小さな郵便員さんは海外発送になれておらず、かなり手間取っていたので心配です。当日に発送なんて綱渡り的なことはお勧めできません・・・

 

これも無事届け!