シリコンバレーにお引越し

全てを捨てて、40歳目前に移住を決心した人のムコウミズな人生のブログ。フィアンセビザ申請中。

フィアンセ来日 その三

 ご無沙汰しておりました。

引越し梱包作業と不用品の販売に専念しております。(継続中)

85% 完了です。

あと、小さな箱が3つありこまごまとしたものをいれるだけ。

兄「作業どう?どれくらい進んだ?」

私「うーん、85%かな?」

兄「お前の場合はその残り15%が命取りになる」

よくご存じで。

母+兄とフィアンセの面会

この件についてなかなか書けないでいました。

理由は、母の本心がつかめない。

 

新潟から帰ってきて、その直後に母の家に向かいました。

面会前に、兄に直接

「フィアンセには金、金、金って言わないでよ。ほんとにお願い。」

と、懇願。

以前、母が

「おまえがいなくなった損害損賠金をもらうか、家を買い取ってやった金を補填させる」

などなど、恐ろしいを言っていたので、本当にそのまま言うのでは?と、心配していました。

兄「あー、俺たちもみっともないのは嫌だしね。あとはおかん次第じゃね?」

結果からいうと、

ふつーでした。

この時、元夫が母のところに挨拶に行った時と全く同じだ!と思い出しました。

母は、離婚について事後報告だったため自分のプライドをえらく傷つけられたといまだに怒っています。(離婚そのものに対してではない)

母「出ていく前にゼッタイ挨拶に連れてきなさい。〇〇にわたしが思う存分文句言ってやる!」

と息巻いていましたが、、、、、

実際、元夫を前にすると、ふつーの娘思いの傷心母親を演じていました。

 

話を元に戻します。

フィアンセが母の住む家に到着。手土産渡してから、一番双方が緊張していた話の冒頭、母がすぐ私の婚約指輪に気付いて

「すごいダイヤモンド!あら~よかったわね。いいじゃないの。」

と言ってくれたので、場の雰囲気が和んでよかったです。

あ、日本人だ

「思っていることを言わない」

そうです。よくある日本人的対応。

〇〇にこれもあれも言ってやる!と言っていたことは一切出てきませんでした。

 

そんな中、母が言っていたことで一番印象的だったのは

母「1〇年前、なんで娘と結婚してくれなかったの?今になってこの子を奪っていくなんてひどすぎる。どうせだったら帰って来なかった方がよかった。」

なるほど

わたしは、この1〇年間、家族と過ごした時間や結婚生活も含め良いことも悪いことも含めて、今の自分を作ってくれたかけがえのない時間と経験だったと思っていますし、思いたいです。

日本に帰って来なければよかった

とは思って生きていきたくありません。

しかし、母は違うようです。
それは、やはり去る者と残される者の違いでもあると思います。

婚前契約について

母がプレナップについて言及しました。

正直「余計なことを言わないでくれ~」

と思いましたが、

母「離婚を想定して結婚するというのは私は承服できない。私の考えだけど、離婚しないように二人で努力するべきなんだからプレナップは不要だと思うわ。」

これについては私もフィアンセも

「・・・・・」

でした。

ずーっと前に、私から

「プレナップしたければ、あなたにまかせるよ。」

と意思表示してありましたが、それ以後二人の会話に出てくることは一切ありませんでした。

私の推測ではこのままなしでいいのかな?

母らしい

「誘っても断られるかもしれないからちゃんとしたお店に予約してないけど、夕飯一緒にどう?」

と誘ってくれました。

もちろん、断る理由もないですし正直嬉しかったです。

家族でよく行く近所の焼肉屋さんへ。

ハイボールをがばがば飲んでだいぶ酔っぱらってきた兄がフィアンセに言いました。

兄「この年頃の女性はもういろいろ経験しているし大変ですよ。昔の〇〇とは違うのは間違えない。けど、妹は返品不可ですから。しあわせにしてやってください。よろしくお願いします!」

どなたかのブログで同じようなの読んだ~

母「No!No~!いつでも返品してもらっていいから!!」

フィアンセの感想 

彼はもともとデリケートなおなかを壊すくらい緊張していました。

私が新潟旅行中に食べ方やおはしの使い方を厳しく指導していたので、より食事中は緊張していて、せっかくの高級焼肉をあまり楽しめなかったとのこと。すまん。

一方、焼肉終了後

「いい感じだったよね!成功?」

と楽観的だったので

「よくあるJapanese対応だよ。知ってるでしょ? 上っ面だけ。彼らが怒っているのは私に対してであって、あなたにではないから。フィアンセ=客人に失礼があったら恥をかく、という考え方もあるし。あれをそのまま受け止めないほうがいいよ。」

と、その時の本心を伝えました。

しかし、どうなんでしょうか。

最近、母の態度がかなり軟化しています。真意を読みかねます。

最後に

手ぶらで訪問なんて切り捨てごめん!なJapan

母と兄用にとお土産を買ってきてもらいました。

二人とも贈り物を考える相手としては難しい。

フィアンセは「You 選んで!それを買って持っていく」とのたまう。

時間がない中だったので

  1. インターネットで購入できるもの
  2. CA産のもの
  3. 消費できるもの

という条件で

  • CA産オーガニックドライフルーツ&ナッツギフトセット
  • ワイン

にしました。

f:id:zippyk:20181208143938j:plain

お酒好きでもワインに詳しくはない兄。しかし、ワインセラーは持っている。意味不明。

そんな兄でも知っているワイナリーは

jp.opusonewinery.com

 

一番お安いボトルを選択しましたが、それでも恐ろしくお高いワインです。

CAだから安くかえるというわけでは全くありません。

超、豚に真珠。ちゃんと、デキャンタ―ジュして飲めるのかしら?お兄様。

2つ合わせな数百ドル。文句1つ言わずサクッと持ってきてくれたフィアンセに感謝。散財させてしまい申し訳ない限り。 ありがとう。

予定を更新

NOA1 3/22 (Old site) , 3/27 (New site)

NOA2   9/27  (Old site)

DS-160と面接予約 10/11 完了!

Sam Smith @埼玉スーパーアリーナ 10/12

犯罪証明書申請     10/12  → 10/23 取得予定

Case Number取得 10/16 完了!

フィアンセ実家に帰る・結婚披露宴会場下見 10/20-28

NVCからアメリカ大使館にケースが送付される 10/31

Paul MaCartney@東京ドーム 11/1

検診健診、予防接種 11/7

アメリカ大使館からパケット到着 11/8

書類提出してね!というメールがくる 11/9

フィアンセ来日 11/18-11/25

Visa面接 11/26

大使館からのレターパック不在通知 11/29

Visa付きパスポート受領 11/30

UtadaHikaru @埼玉スーパーアリーナ 12/5 (一般で当選しました)

兄嫁出産予定日 12/6

絶賛分娩中!12/8

 ~~~ ここからが予定 ~~~

渡米 12/19