シリコンバレーにお引越し

全てを捨てて、40歳目前に移住を決心した人のムコウミズな人生のブログ。フィアンセビザ申請中。

【フィアンセビザ】NOA2が届いた!

皆さんこんにちは。今日はこの続き。

kittyandkoala.hatenadiary.com

NOA2が届く

本日フィアンセのもとにNOA2のお手紙がsnail mail にて届きました。

先ほど帰宅したフィアンセからメッセージが。

やっぱり夢ではなかったようです。ほっと一安心。

f:id:zippyk:20181002144134p:plain

 

一番初めにApprovedのお告げをくれたのはUSCISのOld site

システム上の日付けは9月27日でしたが、NOA2では9月26日。

さきほどNew siteを確認しましたが、相変わらず 
Case Was Received

なんか一貫性がないのが気になりますが、NOA2原本が届いたのでひとまずオッケーとします。

ドヤ顔(想像)のフィアンセ

Approvedということを知った翌日、フィアンセと電話で喜びをシェアしました。

「いやー、ほんとよかったけど、夢みたい。
ピッタリ六か月だよ。まだ信じられない。RFE来ると思ってたし。」

「当然の結果。」

「え、あ・・・・?」

「〇〇が「RFEがくる、RFEがくる、12月の渡米無理かも。」って心配してたけど、理解できないでいた。オンラインで知り合ったわけでもないのに。」

フィアンセはこんなネガティブモードの私にちょっとムカついていたようです。

kittyandkoala.hatenadiary.com

「3月にさ、遅い!遅い!まだ書類できないの!早く出してよ!ってせっついていたけど、完璧にして出すために必要な時間だったよ。結果を見てごらんよ。」

(ドヤ顔)しているに違いない。電話なので未確認・・・

「Sorry.... 別に信用してなかったわけじゃないのよ。あなたが何で給料もらっているか忘れてたみたいね。」

と言い訳。

そのあと、すかさず

さすがだね!You are awesome!!
私の人生は安泰だわ~夫となる人が超優秀で。

と、私の筋力の限り持ち上げておきました。

最後にあの件

大使館での面接時に必要な扶養証明書のフォーム間違えを発見してからしばらくたちましたが、このハッピーな雰囲気のどさくさに紛れて以下の件を報告しました。

なかなか言い出せず、一か月間あたためてしまっていました。

kittyandkoala.hatenadiary.com

まず、フィアンセが作成したForm I-864(AOS用)を見ながら
I-134(フィアンセビザ用)を入力。

おっと、どっこい。I-134にあってI-864にない項目が。

それは

フィアンセ所有の不動産や銀行口座の残高を入力する欄

【告白タイム】

「間違えたフォームを送ってしまいました。ごめんなさい。I-864を作成してくれたあなたの労力は決して無駄になってないから安心して!
ちょっとフライングしたと思ってくれれば。」

この後半部分を強調↑

「私が入力したI-134を送ったから確認してもらって、空欄埋めてね!」

怒られることは全くなく、あっさり

「ふーん、そうなんだ。了解!」

よく考えたら、こんなことで激おこ!!になるような心の狭い人ではなかった。

あと1週間後くらいにCase Numberを取得するべくNVC(National Visa Center)に電話をしてもらう予定です。

他のビザ待ちの方も順調に進むことをお祈りして、今日はしめくくります。