シリコンバレーにお引越し

全てを捨てて、40歳目前に移住を決心した人のムコウミズな人生のブログ。フィアンセビザ申請中。

Mama’s boy 問題について

私のフィアンセは超マザコンです。(アメリカではマザコンの男性をmama’s boyと言います)前回書いた涙涙の10数年ぶりの再会、彼の日本出張に同行してホテルの部屋にいたのはなんとおかん。過去の経験から、もしかしたら、まさか・・・という予感はあったのですが。ご名答になるとは。

 

f:id:zippyk:20180419200123p:plain

彼の実家はオアフ島のホノルルです。家族皆元気で南国住まい🏝仕事を引退して時間とお金と元気の余裕がある彼の母親はことあるごとにCAに住む愛息子を訪ねてきます。かなり頻繁で、母親が来るとなると通常にはないスペシャルアクティビティーを用意して迎えていました。そんな遠方に住んでいるとはいえ母親と彼のべったり具合に私は辟易。彼と別れた後も自分を納得させるために「あんなマザコン男と一緒になってたらゼッタイ悲しい思いさせられたに違いない!」と自己暗示をかけていました。

 

現在私は平日休みの仕事に従事していて週末はなかなか時間を取れないのですが、できるだけ彼の仕事に支障がないように土日定期的にViberを使って電話をしています。先日、その定例の会話の中で

  • お盆休みにアメリカ以外の場所で会う
  • 私が移住する前に彼が日本に来る

そうです、楽しい、楽しい二人のバケーションプランについて相談をしていました。

当初はお盆休みや夏ごろに彼が日本に来るという話をしていたのですが、私から「日本の真夏は最悪だから9月か10月、または私が渡米する直後がいいのでは?」と提案。それであれば私のお盆休み中にアメリカ以外の場所、例えば私は行ったことなく夏快適なVancouverかSydneeは会うのはどう?と。前からのその件は度々議題に上がっており、彼はCAから比較的近いVancouverが都合が良いと言います。その後彼は「来年二か月間の有給をまとめてとれるから、その時に遠いAustraliaとNew Zeelandに一緒に行こう。」とのたまうではありませんか。私は「それってハネムーンのこと?」と聞くと「そうだよ!」という返答を聞いて、わたしは純粋にうれしく心の中で小躍りしていました。わーい、わーい!!ハッピー!!!

(お勤め先からリフレッシュ休暇が来年2か月付与されるとのこと。)

 

f:id:zippyk:20180419200105p:plain

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、現在K1Visa取得に早くて6-7か月かかります。

3月末NOA1→8月末退職→9月中は気ままに一人旅行→9月末NOA2→10月渡米準備→11月初旬渡米 

と予定を立てていました。この件はもちろん彼にも伝えて相談済みです。夏に会う時に彼の収入証明書などを渡してもらいたいとお願いしてありました。

 

そこで、彼が唐突に「9月東京場所の相撲をおかんが見たいって言ってるんだよね、国技館のチケット取るの手伝ってくれる?升席がいいな。」と相談してきました。私は「もちろん!」と即答しましたが、お母様は家族や親戚または友達とハワイからきて日本観光と相撲観戦をしたいということだと勝手に理解しました。しかし、びっくり!そうではなかったのです。「誰がお母様と一緒にくるの?」と聞いたら「僕だよ」というではないですか。

つまり、彼自身が母親のために相撲のスケジュールに合わせて日本に来るということのようです。あまりにもショッキングな内容だったので私の頭は情報をプロセスすることができずに質疑なしで会話をひとまず終えました。そして、時間をかけて会話を反芻、咀嚼し始めました。

 

なぜ、なぜ、この過去10年以上3日しか一緒に過ごしたこともなく、現在の私のことも私の生活もほぼ知らない彼が私に会いに来るのにおかんと一緒に?理解できません。どうしても理解しようがありません。

まず、冷静に過去のことと最近彼から聞いたことを整理してみました。

 

過去の記憶

・お母様は私が彼と付き合っていることについて面白く思っていなかった(私が医者でも弁護士でもないから)

・彼の勤め先からの報奨旅行(マウイ)になぜかおかんが一緒にいた

(これを友人知人に話すとみな口をそろえて「やばい」「別れて正解」と言います)

・お母様がCA訪問中のスペシャルアクティビティーに辟易した私が直前で参加をキャンセルしたらキャンセル料を取られた

(こちらから「払うよ」とは言ったのですがまさか受け取るとは思っていませんでした。おかんになにか言われたようでした。)

 

最近聞いたこと・あったこと

 

・彼の海外出張すべてにおかん同伴(スペイン、フランス、上海、日本など)

・昨年末彼がホリデーバケーションで実家に帰った直後にもかかわらずお母様が彼の家に来て、1か月滞在。スキーに行ったり、ものすごい高額のホッケー観戦チケットを買って観戦旅行をした。(あのゴミ屋敷に愛息子が住んでいるのを見て何も言わない母親の神経が理解できない。)

毎週末母親の言いなりになって遠方に出かけまくっていたにも関わらず、直後の私のたった三日の滞在中に「海が見たい」と言ったら「遠い」と言われた。

・当時からお母様は私のことを認めておらず、今でも She is not good enough for my son. と思っているよう。(50歳近い息子が独身でもいいと思っているらしい)

・四歳年下の妹夫婦と孫家族と最近まで一緒に旅行に行っていたが最近急に参加しなくなった。(何が原因かは未確認)

 

過去の私はかなりアメリカナイズされてたとは言え、大好きな彼に「おかんとの関係おかしくないか?」とはっきり言えませんでした。しかし、第二の人生誤りたくない私は全くの別人です。シリコンバレー弾丸訪問の際には「誰よりも私を一番大事にしてほしい」と明確に伝えました。賢い彼は私の意図を理解したようで「一年に一回でいいからおかんと一緒に旅行に行ってほしい」「母親を大事にする男は妻ももっと大事にするんだよ」と言ってきました。「はあ?このタイミングでそんなこと言うか?相変わらず重症だな」「それは事実ではない」と心の中でつぶやきました。口からは「普通さ、息子が結婚したらお母様も関わり方変わるんじゃないの?家族ができるわけでしょ?仮に私が母親で50歳近い息子がやっと結婚した!となったらその邪魔は絶対しないけどね。」と言っておきました。

 

それにしても、なんなんでしょう。私が永久的にアメリカ移住する前の彼の日本訪問は、とても重要だと私は思っていました。私の家族は彼に「会いたくない」ということはすでに分かっていて、わざわざ太平洋を越えて挨拶のために来てくれたという事実が作れるだけでもいいと思っていました。私の家族ごたごたはこちら側の問題なので彼には申し訳ないのですが、私が育った町を案内したり、二人で旅行に行ったり、和装の結婚写真を撮ったりして思い出作りができたらいいかなと妄想していました。それを都合がいいから「じゃ、相撲観戦とまとめて9月で!」と考えてしまう彼の思考についていけません。

 

はっきりと You broke my heart. What you told me is unbelievable. と伝えました。感情的で涙腺ゆるゆるの筆者でも今回は悲しみや怒りというより、あきれて涙すらでてきません。また、本来の嫌味っぽいところがでてきてしまい「この前話をしていたハネムーンにもお母様一緒に来るの?」と言ってしまいました。

 

彼がどうしても話をしたいというので先ほど仕事の合間に電話をしました。(Viberのメッセージ機能を毎日活用していますが、彼はこういう時は絶対電話での会話か必須と主張します。会話能力がまだまださびさびなので私は文章で思いを伝えたほうが楽なのですが。)その際に「相撲の件は深く考えないで言ってしまった」と言い訳します。私は「自然にさ、お母様のニーズを叶えることを優先する思考になっているのよ、あなたは」と本心を伝えました。彼と母親の共依存関係に関与したくないと思っているので、それをはっきりと言おうとする前に「こういうことで〇〇を傷つけたりしたくないから、僕の家族のことは〇〇の意思に任せる。何かある際は参加するか否かどうするか聞くから。それでどうかな?」と提案してきました。あえてYes or Noと返答せず考え中モードという様子でいましたが、実際、どうしたらいいのか分からず、大きな不安の曇り雲が頭に立ち込めている状態です。私の心が狭いだけなのでしょうか。彼のことを心の底から愛しているのであればありのまま、すべてを受け入れるべきだという考えも頭をよぎります。しばらくこの件で悶々とした日々を過ごすことになりそうです。