シリコンバレーにお引越し

全てを捨てて、40歳目前に移住を決心した人のムコウミズな人生のブログ。フィアンセビザ申請中。

あと一年・・・・

で、花の30歳台とさようなら~

 

f:id:zippyk:20180410144657p:plain

毎年4月は「お誕生月美容強化月間」

と題して、老化に抗っています。

本心から ”Age is just a number” 「歳は単なる数字」だと思っています。日々の努力の賜物か20年前の洋服がまだ着れていますし、着ています。

しかし、重力は容赦なく下へ下へと私の脂肪と皮膚ひっぱる。どんなに頑張っても重力には勝てない。さて、30歳最後の一年になるのでどんなスペシャルな美容月間内容にしようかな?暇さえあればネットサーフィンして美容系のキャンペーンをチェック。どかーんとヒアルロン酸を何本かいれてみようかな?

 

30歳前半~最近まではたまに行く「エステ」で癒し+美容効果?で気を紛らわせていました。しかし、アラフォーになってからは結果重視、即効性ありの美容皮膚科さんにお世話になるようになりました。今まで度々お世話になっていた「エステ」へのお金がどぶ銭だったと美容皮膚科に行くようになってから痛感。エステ・美容皮膚科、両方でおこなっている照射系の施術はありますが、絶対クリニックにて医師から受けるべきです。

 

1、いつも笑顔キープ顔筋肉引き締め照射系(ハイフ・タイタンなど)

2、毛穴引き締めシミ取り照射系(ライムライト・ジェネシスなど)

3、無駄な角質さようならピーリング(エンビロン・グリコール酸ピーリング)

4、お肌をマイコ―なみに漂白!?ビタミンC導入

5、ビタミンC点滴(毎月、現在休止中)

6、プラセンタ注射(ほぼ毎週1回)

 7、絶賛増殖中ほくろ除去レーザー(冬季のみ)

上記は今まで不定期的に行っているメニューなのですが、書き出してみると

美容オタク

どころか、老化を受け入れることができないイタイおばさんです。

f:id:zippyk:20180410144626p:plain

どう考えてもこれをシリコンバレーで継続することは不可能。医療費がバカ高いアメリカ、保険が使えない美容医療もバカバカ高いにきまっているのであきらめて調べることすらしていません。移住後は無職無収入決定、コアラにおんぶにだっこしてもらうつもりなのでできるだけ出費は抑えないと、とは頭ではわかってはいるのですが。

移住後は永遠のあこがれナチュラルビューティーを目指すべきか!?

 

無職無収入問題についてはまた別に書きたいと思います。今まで自分で稼いだお金を好き勝手に使っていたので、あまりにも大きい変化です。心細すぎます。そんな生活耐えられるか今から心配です。とても心配です。